ノルウェーから東京上野へ キュッパのびじゅつかん―みつめて、あつめて、しらべて、ならべて

7月18日(土)~10月4日(日)

プログラム

キュッパるwith アーティスト④
岩田とも子

「もしも風や蝶々の足跡が落ちていたら-自然観察と小さな標本作り-」

「キュッパのびじゅつかん」展では、参加アーティストによるワークショップ・シリーズ「キュッパるwith アーティスト」を開催します。第4回目は今回の展覧会で《ひろってはたどるような部屋》をインスタレーションした岩田とも子さんと一緒に展覧会を楽しみつつ外にも出かけるワークショップです。
地面に落ちている葉っぱや小枝、木の実。上野公園でもよくみかける自然物たち。それらが地面に落ちたのはもしかしたら大きな風が公園を歩いたせいかもしれない。それともついさっき木のまわりをフワフワと飛んでいた蝶々が枝先から飛び立つときに落としたものかもしれない。自然の中で起こるそんな小さな物語をたどりながら自然を観察しその小さな物語から小さな標本をつくるワークショップです。標本は「ひろってはたどるような部屋」で会期中に展示します。

日時2015年9月19日(土) 10:00~15:00
対象

小学1年生~大人

定員20名(事前申込制・応募多数の場合は抽選)
参加費無料(大学生以上の方は本展覧会の観覧料が必要です。高校生以下は観覧無料)
集合場所東京都美術館 アートスタディールーム
申込締切9月14日(月)締切
申込方法下記の申し込みフォームより、必要事項と大学生以下の方は学年と学校種を[その他連絡事項]欄にご記入のうえ、お申し込みください。
抽選となった場合は、9月15日(火)までに抽選結果のお知らせをお送りいたします。
お問い合わせ東京都美術館 キュッパるwith アーティスト担当
e-mail :

申し込みフォームはこちら

岩田とも子《粟島自然観察船‐船になった学校‐》2014年

キュッパるwithアーティスト

※送信いただいた情報は本ワークショップのために使用し、他の目的での利用はいたしません。
※送信内容に不足があった場合には、申込受付を受理できませんのでご了承ください。
※9月15日までに抽選結果のお知らせをお送りいたします。